1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【新入荷】シングルモルト駒ヶ岳 ボイジャーエステート ワインカスクフィニッシュ Bottled in 2021

【新入荷】シングルモルト駒ヶ岳 ボイジャーエステート ワインカスクフィニッシュ Bottled in 2021

日頃より芝大門BAR新海をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

本日は本坊酒造、マルス信州蒸留所より限定新発売された「シングルモルト駒ヶ岳 ボイジャーエステート ワインカスクフィニッシュ Bottled in 2021」が入荷しましたのでお知らせいたします。

マルス信州蒸留所で蒸留したモルト原酒をバーボンバレルで3年以上熟成し、西オーストラリアのワイナリー、ボイジャーエステートで醸造された赤ワインの空き樽で1年以上追熟したシングルモルトウィスキー。限定950本。

バーボンバレルで3年以上、ボイジャーエステートで醸造された赤ワインの空樽で1年以上追加熟成

様々なフルーツの香りとモルトの香りが、特徴的な甘い香りを生み出します。かなり色濃くボイジャーエステートの赤ワイン樽の風味が出ており、モルトの甘さとバーボン樽の甘さも相まって、フルーティでコクのある甘みが広がります。
少量加水するとワインの香りが開いていき、また違った顔を見せてくれます。販売本数が少なく、しかも海外輸出が主なウィスキーなので購入はかなり困難なボトルになっています

ボイジャーエステートは、西オーストラリア、マーガレットリバー、スティーブンバレーにブドウ畑を所有する、家族経営のワイナリー。農家、地域のパイオニアのマイケル・ライト氏が、海の影響や気候から、スティーブンスバレーにワールドクラスのワインを製造できる可能性を見出し設立。現在の事業主はマイケル氏の娘のアレクサンドラ・バード氏。栽培からボトル詰めの全工程をワイナリーで行っています。
ボイジャーエステートではワイナリー見学に加え、専門家の指導の下のテイスティングやショップ、レストランが利用できます。

テイスティングノート

香り ぶどうやザクロなどのフルーティ
味わい 滑らかな口当たり、果実感を感じられる
余韻 旨みと甘みのバランス

商品スペック

アルコール度数 48%
酒別 シングルモルトジャパニーズウィスキー
樽種 バーボン樽、ボイジャーエステート赤ワイン樽
内容量 700ml
販売本数 950本限定
発売日 2021年12月
BAR新海 提供価格 <45ml:3,300円、30ml:2,200円、15ml:1,100円>

BAR新海では、大門店はもちろん、麻布十番店虎ノ門店の全店にて提供しております。興味のある方は是非お試しください。

「シングルモルト駒ヶ岳 ボイジャーエステート ワインカスクフィニッシュ Bottled in 2021」に関する詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

お知らせ

お知らせ一覧